徒然日記

日々の出来事を記録

2017年の恵方は北北西!恵方ってどうやって決めてるの?恵方巻きのルールは?

節分に食べると縁起が良いとされる恵方巻

元々は大阪あたりの地域で行われていたものですが、ここ10年くらいで全国的に広まりました。
私は大阪の出身なので、昔から馴染みがあったのですが、上京して初めての節分の時に、周りの人に言ったら「何それ??」と驚かれました。
まあね、太巻きを丸々1本、無言で食べきるという行為は、冷静に考えたら結構インパクトがありますよね。

さて、この恵方巻き、ただ食べるだけじゃなく、恵方と呼ばれる歳徳神(としとくじん)がいる方角に向かって食べると福が来ると言われています。
歳徳神とは、福徳を司る神様で、その方角に向かって事を行えば、万事に吉と言われる神様です。
2017年は歳徳神北北西に在するので、こちらが恵方になります。

恵方は実は4つしかない?!

歳徳神がいる方向が恵方なのですが、実は恵方は4つしかありません。
その方位は「東北東」「西南西」「南南東」「北北西」の4方位。
歳徳神はこの4つの方位を渡り歩いているといえます。


この方角は年によって決まっていて、基準となるのは十干(じっかん)という暦法
十干は甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)の10種類から成り、十二支と併せて、日本では年を表すのに用いられてきました。

西暦の下1桁が4の時に甲となり、今年2017年は丁の年となります。
各年の恵方は次の通りです。

  十干  西暦下1桁  方位

  • 甲   (4) 「東北東」
  • 乙   (5) 「西南西」
  • 丙   (6) 「南南東」
  • 丁   (7) 「北北西」
  • 戊   (8) 「南南東」
  • 己   (9) 「東北東」
  • 庚   (0) 「西南西」
  • 辛   (1) 「南南東」
  • 壬   (2) 「北北西」
  • 癸   (3) 「南南東」

やたら「南南東」が多いですが、4つを10個で回すわけですから、少し多くなるものも出てきます。

恵方巻きを食するときのルール!

恵方巻の太巻きには7種類の具材を使うとされています。

これは七福神に因んだもので、商売繁盛や無病息災を願うという意味があると言われています。

最近では海鮮恵方巻きなど豪勢なものもありますが、スタンダードなのは、かんぴょう・キュウリ・シイタケ煮・伊達巻・ウナギ・桜でんぶ・高野豆腐が入ったもの。
私が昔食べていたのは、この具材のものでしたね。

これらを巻いた太巻きを、恵方を向いて一気に食べるのがルールです。

しかも食べている最中は、縁起物なので、福が逃げないように一切言葉を発してはいけなく、水も飲まずに食べます。

これ、一人でやると黙々と食べている普通(笑)の食事風景ですが、5人くらいでやると、とてもシュールな情景です。

5人が同じ方向を向いて、一切しゃべらず、しかも20cmはある太巻きを一気に食べる絵面は、想像するだけでも不思議な光景です。

 

最近はコンビニでも恵方巻きの取り扱いがありますが、実家にいた頃は母はお寿司屋で買っていました。

私も買いに行ったことがあるのですが、普段は普通のお寿司屋さんが、節分だけは朝からひたすら太巻きを作り、うず高く積み上げて売っている様子は壮観でしたよ。

なにせ100本から積んであるのに、奥ではさらに作ってるんだから、一体1日で何本売ったのか…。

 

なお、我が家では、母が夕食の準備が面倒なので、毎年節分は恵方巻きにしたと豪語しています。
さらに1人当たり2本も買ってくる暴挙。

他に食べるものもなく、ただただ黙々と恵方巻きを食べ続ける光景が、年に一度開催されていました。

最近ではロールケーキで丸かぶりをするなど、様々な恵方巻きイベントがありますが、私はスタンダードな太巻きでの丸かぶりが好きですね。

www.turedure8823.com

Copyright (C) SINCE2016 風来海人 All Rights Reserved.