徒然日記

日々の出来事を記録

年末ジャンボと住宅ローン

弟が仕事で近所まで来ていたので、飯でも食おうと待ち合わせ。

某有名すしチェーンで夕食を取る。

 話題は最近弟が建てた家のこと。

ローンはフラット35で組んだとのこと。

このご時世なら一番良い選択なんじゃないかな。

今の長期金利はかなり低くなっていて、1.03%で借りられたとのこと。

昨年、後輩がマンションを買うのに同じくフラット35で借りた時は1.38%だとか言ってたから、1年で随分と下がったもんだ。

ローンを組む時、銀行の変動金利ローンも進められたらしいが、今後30年以内に、金利が急騰する可能性が高いとの判断で固定金利のフラットにしたらしい。

昔、住宅関係の雑誌を手掛けていた際に、ローンは基本固定で借りろという記事を散々見てきた身としては、それが当たり前の選択だと思うが、工務店の担当者は金利の安い銀行ローンを勧めてきたらしい。

ま、ここ10年の状況を見てみると、金利が急上昇することなんてありえないと思うかもしれないが、つい20年前は金利が3%以上、30年前に至っては5%を超えていたんだから、いつ何時金利が急騰するか分かったもんじゃない。

 

そんな話をして店を出た目の前にあった宝くじ売り場で、弟は年末ジャンボを購入。

通し番号で買ってた理由が、前後賞も含めて10億狙い。

そんだけあったら、借金が返せるといっていたが、連番だと確かに前後賞も含めて一気に大金が得られるが、前後賞だけでも1億5,000万なんだから、バラで買って、という選択肢もありなんじゃないだろうかな?

まあ、確率的には2,000万分の1と同じなので、別にどっちでもいいけど、当選番号を調べる時のドキドキ感はバラの方がよいと思ってしまう。

Copyright (C) SINCE2016 風来海人 All Rights Reserved.