徒然日記

日々の出来事を記録

真田丸 第46回「砲弾」感想(ネタバレ)

前回完膚なきまでに徳川方(前田軍)を叩きのめした大坂方(真田丸)。

今回も戦回かなと期待しつつ見てみたが、まあさすがに先週ほどの大規模戦闘シーンもなく、
次は最終回の突撃シーンなのかなと期待してみる。

 

大勝利もあり、すっかり秀頼くんに信頼された左衛門佐信繁くん。
「殿様にはもっとご自身のお言葉の重みを知っていただきとうございます」とのアドバイス。
まあ母親や周りの連中の意見に振り回されているのを見てりゃあ苦言も申したくなりますよ。

そして久々にご登場の信尹叔父!
調略を頼まれても「あいつは義に篤いから無理!」
無理に命令されて大坂城内に入っても
「大御所さまからの書状だ、寝返った時の褒美が書いてある。読まんでいい。」
戻ってシレっと「調略、不首尾の終わりました。」
カッコいい!!しびれますな。
例え徳川の下についてても、真田の魂は売らん!という思いがひしひしと伝わってきます。

あっ、そういえば出浦さんも久方ぶりのご登場。
相変わらず謎の忍術(?)で兄上を足止め。
大泉くん、君はどんな時でもお笑い担当なんだね。

さて、物語はあれやこれやで和睦案の台頭。
周りの意見に感化され秀頼くん和睦決定。
何とかしてと信繁に丸投げする大野くん。
暗躍する信繁、淀の方に息子を説得しろと詰め寄る。
淀の方、秀頼くんに有無を言わせぬ指示。「お前を生んだの私だ!」という卑怯な言いぐさ。
唖然とする秀頼くん、信繁に「自分の言葉の重みを知れって言ったんじゃん!」と詰め寄る。
「アホな決断しとんねんから、どんな手使ってもひっくり返したるわい!」華麗なる掌返し信繁くん。
いろいろギクシャクしておりますな。
まあね、自分で決めたと思い込んでる秀頼くんですが、
周りの大叔父やらの意見に流されて出した結論だからねえ…。

ちょっと真面目にポイントを整理してみると、
徳川は豊臣を殲滅するつもりで攻めてきている。
徳川に痛手を与えたとはいえ、所詮は真田丸での局地戦に勝利しただけのこと。
損害を被ったのは前田・井伊の手勢が大半。徳川旗本衆には被害なし。
つまり家康くんとしては、まだまだ痛くも痒くもないわけです。
有楽斎は「大勝利の後だから、有利な条件で和睦できる」というけど、
徳川本隊が被害を受けてないタイミングで和睦しようとしてもねえ…。

さて、連日の雄叫び攻撃に辟易としてきた牢人衆。
塙団衛門くんの尻馬に乗って、皆で仲良く夜襲におでかけ。
ってか、長宗我部くんを「長さん」って呼ぶ又兵衛くん。
えらいフランクな呼び方になったな。
名家のプライドで下っ端の指図で動くの嫌だと言って席を外す長さん。
部屋に戻って信繁くんにチクるも、同じく雄叫び攻撃に辟易していた信繁くんも夜襲に参加。
いつもの赤い鎧じゃなく、普通の鎧。まあ、あのサワガニみたいな鎧じゃ夜襲には不向きだしねえ。
まるで憂さ晴らしのように暴れる夜襲部隊。
又兵衛くん、早々に槍が折れてあとはもはや素手で戦ってるのと変わりません。
前回の大助の高砂に張り合ってるのか、今回は信繁くんが幟を振り回して大見え切ってるし。

さて、一方の家康くん、相変わらず黒いです。真っ黒です。
伊賀越えの辺りの人の好さはもはや微塵も感じられません。
そんな腹黒ジジイにあっさり騙されて淀の方の居室を吐いちゃった且元くん。
どこまで行ってもダメダメ中間管理職臭が漂ってます。
まあ、ホント気の毒な人だよな。

そしてついに打ち込まれるカルバリン砲。
ここまで圧勝の雰囲気を醸し出していた大坂方に、
不吉な影を落とす一撃と相成りました。

次回、「反撃」で残念ながら真田丸は破壊されてしまいますね。
跡地となった我が母校の南側は、当時の面影がまったくない。
残念ながら徹底的に破壊されたんでしょうな。

とにもかくにも、あと4回。最後まで見逃せませぬ。

Copyright (C) SINCE2016 風来海人 All Rights Reserved.