徒然日記

日々の出来事を記録

一眼レフカメラを買ってみた

突然思い立ち、一眼レフカメラを買いました。

まぁ新品を買う度胸はなかったので、オークションで中古を。

CanonEOS Kiss X5

6年前の機種ですが、シロートの身には良いだろうと思い、こちらにしました。

f:id:dreamaker7:20171018234136j:plain

使い方はまったく知りません!

プロのカメラマンさんと仕事をしているとはいえ、写真については完全にシロート。

旅行に行ってもコンパクトデジタルカメラスマホで写真は撮るけど、基本オートでしか撮らない程度の男が、何をいきなり一眼レフなんぞに手を出すかな(笑)

 

まぁシロートとはいえ、一応編集者なので、写真にはそこそこ興味は持ってる。

ただ、構図には気を遣うけど、その他の要素はまったく無視でシャッターを切っていました。

 

で、何となく背景がボケた写真って格好良くね?と思い、この程、ただ勢いだけで一眼レフに手を出した、と。

 

まぁさすがにいきなり10万も投資するようなことはできないので、勉強のためにと型落ちで良いからと中古に手を出した次第。

 

ひとまず大手のCanonであれば、色々調べやすいだろうと思い、EOS Kiss X5にしました。

正直、X9にも惹かれたけど、そこは予算との兼ね合い(笑)

 

ひとまずこいつでバシバシ撮って、色々勉強しようと思います。

理屈としての購入理由

衝動的に購入したのは事実ですが、一応考えた上でも買おうという結論に至っております。

そもそも編集者は簡単な取材なら自分で原稿をまとめたり、素材写真を撮影したりすることもあります。

幸いこれまでは写真についてはコンデジレベルでも問題のない仕事しかして来ませんでした。

でも今後、もしかしたらコンデジじゃあ足りない案件に当たるかもしれない。

例えば打ち合わせに行ったタイミングで、忙しい取材対象者がたまたまそこにいた際、時間がなくてインタビューはメールで対処するけどという場合、せめて写真だけでも押さえておければ少し助かるんじゃね?と思ったりなんかします。

その時にカメラを操ることができれば、必要な素材を前倒しで確保できるわけです。

時間に追われる身としては、出来るだけ早く現場に投げたいので、出来ることが多ければそこに貢献できるんじゃないかなと思ったりなんかする次第です。

Copyright (C) SINCE2016 風来海人 All Rights Reserved.