徒然日記

日々の出来事を記録

【将棋】藤井聡太四段、29連勝なるか?!6月26日竜王戦1回戦

先日、澤田真吾六段に勝利し、最多記録タイの28連勝に並んだ藤井聡太四段。

いよいよ新記録29連勝をかけて、6月26日に対局に臨みます。

舞台は第30期竜王戦の決勝トーナメント1回戦。

連勝記録もさることながら、プロ1年目の新人が、タイトル戦の決勝に進出するのは異例。

対するは森下卓九段門下の増田康弘四段。

増田四段は2014年に16歳でプロになり、昨年の第47期新人王戦で優勝をした実力者です。

はたして、どのような結果になるのか?

注目の対局は、午前10時開始です。

f:id:dreamaker7:20170625235040j:plain

過去の対戦では…

増田康弘四段ですが、実はすでに藤井四段と対局をしています。

対局の舞台はAbemaTV「炎の七番勝負」第1局。

そう、藤井四段があの羽生三冠に勝利した企画で、この二人は対戦していました。

この時の結果は藤井四段の勝利。

対局後、増田四段は「生まれて初めて年下に平手で負けました」と悔しさをにじませていました。

また、藤井四段がプロになる前、奨励会三段の時も対局をしています。

この時は増田四段が勝ったのですが、藤井四段はそこからメキメキと強くなったといいます。

 

 

今回の対局に先立ち、増田四段は次のようにコメントしています。

「藤井四段が勝ちすぎている現状があり、「将棋界はぬるい所」と思われるのは悔しいです。」

 

プロの先輩としての矜持。

そして前回の雪辱に燃える増田四段。

はたして勝利の女神はどちらに微笑むのか。

非常に楽しみな一戦です。

Copyright (C) SINCE2016 風来海人 All Rights Reserved.